FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1子が自分の妻の子どもでないことに関して

こんばんは!
精子提供者ボランティア最前線
管理人のかずとです。

HP「精子提供ボランティア最前線


連絡先
kazuto2015seisiteikyou@gmail.com


第1子が、自分の奥さんが
生む子どもでないことに
抵抗はないのか
という質問にお答いたします。

提供を開始する際
第1子の存在は不確定だったので

生まれなかった
(生むことができない)場合について
まずは考えました。

将来の妻が
子どもを妊娠できなくても
受け入れてあげられる器を得るために
精子提供をするのだと思えました。

生まれた場合については
妻の子が第1子であることに対して
全くこだわりがありません。

私は次男ですし弟もいます。
第2子、第3子に対して
第1子の方が価値が高いと
考えたことは全くありません。

それは
第何子になろうと変わりません。

子ども自身の見方と
親としての見方は違うとは思います。
しかし第1子でなくても
妻と私の子という事が
他の子との違いだと思いますし
私と妻との家庭において
育っていくことが
重要だと考えています。

この活動を通して
子どもをつくり生み育てることの
理解を深めています。

その心の余裕は
相手との関係性において
私にはとても価値のあるものです。

変な話ですが
私はこの活動をしたことで
自分の家庭の子どもは
たとえ養子でもAIDで生まれたとしても
まったく構わないと思えています。
十分に愛せます。

それほどまでに
愛する相手と、私が育てるということが
意味のあることだと考えます。

第一子が、自分の奥さんが生む子どもでないことに抵抗はありません。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール&HP

名前・かずと/年齢・25歳/身長・178cm/体重・70kg/血液型・O型
プロフィール詳細

かずと

Author:かずと
精子提供ボランティア最前線管理人のかずとです。関東を中心に活動しています。
LGBT・無精子症・選択的シングルマザーご希望の方。精子提供者・精子ドナーとしてご協力いたします。

にほんブログ村

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。