記事一覧

なぜ精子提供をするのか?

こんばんは!
精子提供者ボランティア最前線
管理人のかずとです。

HP「精子提供ボランティア最前線

連絡先
kazuto2015seisiteikyou@gmail.com

なぜ提供を始めたのか?


その理由はホームページにも
書いたのですが


お問い合わせの中に
同じ質問があり
そこであらためて提供理由を
見つめ直してみました。


男性不妊の方には
大きな反感を抱くことになるかも知れない
内容となっています。

先に申しておきますが
私はAIDで生まれた子どもたちのことを
考えれば考えるほど
遺伝子の繋がりは家族という関係において
特別必要ではないと考えています。

私自身も仮に妻が不妊症であったり
私に何かしらな問題がおき
不妊になった場合
子どもを育てるならば
養子でもAIDでも全く構わないと
思っています。

それでは提供を始めた理由をのせます。



私が精子提供ボランティアを
始めたのはいくつかの要因が
重なっているとは思うのですが
核となる部分には
自分の遺伝子を世の中に
残したいという欲求が
あるのだと思います。

男としてプログラムされた
本能的な部分だと思います。

自分が育てる育てないは関係なしに
子どもがすぐ欲しいなと
考えていました。

自分の経済的社会的側面を加味した
人生計画の中では
10年弱は待たなければならず
機能はあるのだから
そんなに待ちたくない
待てないなと思いました。

その欲求に素直に従えたのは
私の自己肯定感の強さが
関わっていると思います。

添付させて頂いた資料
(精子提供   意識調査  で検索すると
pdfファイルが手に入ります
タイトル
分担研究報告 配偶子提供とその匿名 - 日本子ども家庭総合研究所)


112,127ページにもあるように
男性で精子提供を
匿名性の有無に関わらず
行わないと考えているのは59%です。
提供をしてもよい、匿名ならする
という意見を足し合わせると
41%に上ることを考えれば
決して不自然な活動ではないと
思っています。

112,130ページには
精子提供を行う場合の動機についての
記述もあります。
私の動機は
「自分の生まれてきた証として(15%)」に
あたるのでしょう。

加えて私は
かなり行動力のある人間だと
自負しています。

動機(欲求)に行動力が伴って
このような活動に至ったのだと
思います。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール&HP

名前・かずと/年齢・23歳/身長・178cm/体重・70kg/血液型・O型
プロフィール詳細

かずと

Author:かずと
精子提供ボランティア最前線管理人のかずとです。関東を中心に活動しています。
LGBT・無精子症・選択的シングルマザーご希望の方。精子提供者・精子ドナーとしてご協力いたします。

最新記事

にほんブログ村

FC2ブログランキング